ブランド: D'URBAN

Zeal デニム調シャンブレースーツ

135,000 (本体)+税

織物・編物 日本毛織株式会社
染色整理加工 日本毛織株式会社
縫製 株式会社ダーバン宮崎ソーイング
企画・販売 株式会社レナウン

ものづくりへの情熱

D’URBANは1970年、ブランド創設以来、①織り・編み②染色加工③縫製の3工程を日本国内で行った商品を主力として展開しています。素材は尾州毛織物企業とともに、日本のスーツ・ジャケット・スラックスにふさわしい生地の企画から開発までを行います。その企画は販売の一年前から始まっており、工程の間にも頻繁に打合せが持たれています。できあいの生地で満足することなく、さらに上質の生地を、さらに美しい色調やデザインを求め、企業の壁を超えた協力関係のもと素材開発を行っています。縫製は日本人の体型を考えた独自の設計と、湿度が激しく上下する日本の気候に合わせるため、湿度管理された自社工場のダーバン宮崎ソーイングで行っています。40年以上、数々の改善を積み重ねてきた独自の生産体系。ひとつひとつの技術を磨き上げ、厳しい検査を課すという文化を築き上げ、D’URBANは最高のスーツ、最高のジャケット・スラックスを作るため、日々努力を重ね、技術を蓄積し、日本人による、日本人のためのもの作りを、今までも、そしてこれからも続けていきます。

精緻な仕上がりについて

羊毛繊維のクリンプの湾曲が大きく、かさ高があり、ねじれ剛性率が高いニュージーランドメリノ羊毛を使用。ニュージーランドの高地、雄大な自然環境の中で産出される希少なウールで、ダーバンの為だけに作られたスペシャルクオリティーのSuper140’sの糸番手を使用。原毛の優れた特性を活かすため日本毛織では、自社一貫生産にこだわった、特別な品質管理を行い、染色においても、そのものの白度が高い為、優れた発色性があります。カラーは経糸にブルーグレー、緯糸にグレーの先染めの糸を使用し、組織はデニムと同じ3/1の綾で織ることによりシャンブレー感のある仕上げにしています。また極細原料をサキソニー仕上げにすることで細やかな毛羽感とヌメリのある風合いを持ち合わせた素材。デザイン・ボディはダーバンの定番のノッチドラペル。サキソニー素材に合わせ、通常よりも肩傾斜を斜めに取り、パット量のバランスとアームホール部のイセコミ量を調整し、素材の厚みを感じさせないシルエットに仕上げています。エレガントに見せるベスト付きの3ピース展開になり、他にはない素材感とベスト単体でも着まわしの利く汎用性のあるアイテムになっています。