和歌山染工株式会社

J∞QUALITY

安全・安心・コンプライアンス
企業認証番号: K2102160002

  • 明治40年の創業から染色一筋。信頼され喜ばれる企業であり続けたい。また親子、兄弟姉妹、夫婦で働ける企業でもありたいと考えています。
  • 百年を超える歴史で積み重ね受け継いできた技術と感性
  • 時代に合った、時代を先取りする技術の開発。和歌山染工の挑戦をこれからも続きます
  • 受け継がれるものは確かな「人」の技
  • 安心・安全・高品質にかける「こだわり」は私たちの誇り
工程 先染め /後染め /捺染 /その他染色加工 /長繊維織物 /短繊維織物
設備 反物染機 /整理加工機

企業情報

会社名 和歌山染工株式会社
代表者名 高垣 佳宏
郵便番号 〒640-8344
住所 和歌山県和歌山市納定32番地
TEL 073-471-5152
部署 社長室
担当者 松本 卓也
FAX 073-471-5158
E-mail t.matsumoto@wsk.co.jp
URL http://www.wsk.co.jp
設立日 1921年10月1日
資本金 5000万円
従業員数 160名
主要取引先 ユニチカトレーディング株式会社、ダイワボウノイ株式会社、株式会社コッカ、株式会社リバティジャパン

事業概要

企業の強み

「安心・安全・高品質」和歌山染工は「こだわり、ひと手間」により、これらを最大化することをモットーとしています。例えば染料・薬品は国内外の大手メーカー製品を正規代理店から購入するとともに調達先との情報交換により原材料の品質改善・向上に取り組んでいます。また加工工程ごとに物性検査を実施し品質の安定を最大限にする取り組みも行っています。

  • 生産性・効率化も大事ですが、品質は最優先です

  • 染色工場は機械装置産業と位置づけされますが大型の連続染色機も熟練の技術技能との融合ではじめて「いい染め」が実現します

事業内容

明治40年和歌山にて創業。二度の世界大戦や幾度の経済恐慌を乗り越え、生地の種類や用途はその時々に応じて変遷してきましたが一貫して「染色」一筋に徹してきました。現在の主力は寝装品ですが衣料やインテリア資材など幅広い分野で当社加工品が使用されています。

  • 敷地1万坪(34350㎡)の工場には晒し工程から染色、仕上加工、検査まで一貫して行える設備があります

  • 加工する生地や用途により必要な設備を増設

製品・技術の強み

染色工程はフラットスクリーン捺染、ロータリースクリーン捺染、インクジェット捺染、無地染と多様なニーズに対応できる設備が充実しています。また仕上加工においても当社自慢の「風合い」や機能性加工など様々な加工に対応できます。

  • すっきりとした色際や色の深み、感性と技能の融合で実現

  • 技術開発、加工改善の専門スタッフを配置。向上改善の日々が続きます。

年間生産能力

晒し工程から染色、仕上加工、検査までの一貫工場。月産最大200万M加工。

  • 一貫工場として最終製品を最良化するための情報が晒し工程から共有され全体のチカラでより良いモノづくりを実現

  • 最終製品の検査は取引先の基準や自社基準にもとづき厳しくチェックします

取引条件

経験豊富な営業スタッフが個別に対応させていただきます。色柄や加工数量などにより個別に見積もりさせていただきます。新規のお客様については口座開設後に決済条件を提示させていただきます。一般的には「月末締め翌月末払い」となっています。

  • 幅広い分野の得意先様に日々対応。営業は全員10年以上の経験豊富なスタッフです。

  • ここ数年需要が高まっているインクジェット捺染 当社は20年前から先駆けて取り組み、現在は量産型機2台体制で対応。データ処理スタッフも充実しています。

設備

晒し工程:パープル精練漂白機、L-BOX精練漂白機、シルケット、超広幅対応毛焼機及びジッカー、巾出し機など  染色工程:フラットスクリーン捺染機9台、ロータリースクリーン捺染機2台、パットドライヤー(無地染)2台、量産型インクジェット捺染機2台  仕上工程:アリオリ1台、水洗機2台、超広幅対応水洗機1台、樹脂加工機6台、カレンダー5台、エンボス機2台、エアーサーキュラー2台 風合い加工機3台など 検査工程:検反機7台、巻き取り機7台、ヤール掛け機2台、二つ折り機2台など

  • 2016年12月最新型の量産型インクジェット捺染機導入。量産型2台体制で需要の高まりに対応

  • 最もポピュラーな量産型のフラットスクリーン捺染機。最大20色まで可能。和歌山染工ならではの技術技能により多彩で豊かな色表現が実現します

海外取引

不可

新たな試みー企画製造販売事業

  • RIEKA

    2015年ファクトリーブランド「RIEKA」を立ち上げました。自社デザイン生地をネット販売しています。wsk.handcrafted.jp

  • RIEKA生地の活用例

    現状は生地だけの取り組みですが、将来的には最終製品まで製造販売することを見据えています。

  • 和歌和花

    自社のオリジナル和柄生地を使った小物です。縫製も和歌山の協力会社で行っています。ブランド名「和歌和花」メイドインWAKAYAMA。2017年販売開始です。